ズビズバこぼれ話

同人サークルズビズバ団広報部員のちょっといい話

深夜の激闘

いや~暑いですね。
ほんとアッチュイですね。
暑いといえばもうアレの季節ですよ。アレ。
電気を消していざ布団に潜ったら耳元でプーン・・・
パチーン!あっ!逃がしっあwせdrftgyふじこlp!!

そう、蚊です蚊。
夏の安眠を妨げるスターシップトゥルーパーズ共です。
こんな時あなたならどうします?
諦めて寝るって人は少ないですよね?

勿論筆者だったら断固!そいつ一匹殺すまで電気点けて臨戦体勢です。
「おめーっブッ殺すまで絶っ対っ!寝てやんねーからなーっ!」
野比家前でいきり立つジャイアン並にエキサイトしちゃって
首尾よく殺しおおせても結局興奮して寝付き悪くなるんですけどね。

そんな感じなので去年なんかは液体蚊取りマット40日を
身体への悪影響に怯えつつも一日欠かす事無く炊き続けて、
完全に自室からあの吸血鬼共を締め出すのに成功したんで
今年もそれで乗り切ろうと考えてたりします。

で、昨日夜ですね、とうとう来ましたよあの小さな悪魔が。
耳元で羽音がしたと思った瞬間、颯爽と今期一匹目の蚊登場!!
既にお腹パンパンに膨らんで食後の軽い運動ですかーっ?って
さっきからこのくるぶしが痒いのはテメエのせいか!

怒り心頭の筆者をあざ笑うかのように悠々と飛行する蚊様。
見敵即殺、すかさず筆者の両掌が唸る!
パチーン!
力んだせいかターゲットはするりと両手の隙間を縫い、
筆者の殺意を敏感に察知し射程外に素早く飛び去って行きます!

ここで逃してなるものかと作業そっちのけで椅子から立ち上がり
目を凝らす・・・撃墜対象は高度2メーター40センチ付近、
天井スレスレを周回飛行している模様!!
ターゲットの軌道を確認したその瞬間!!

「はっ!!」

 ∩ ∧ ∧∩ λプーン
 \(  ゚A゚)
  |    /
  |   |
  / /\」
  / /
ピョーン|||

「パチーン!!」
確かな手応えを感じオメガレッド登場シーンの如く着地する筆者!
じっと手を見る・・・!

血だらけ('A`)ウボァー


いやすいません、ほんと撃墜した瞬間はすっごい嬉しかったんで
思わずこんなトコに書き込んじゃいました。
あまりに美しいジャンピング撃墜だったもんでついつい。
皆様的にはほんとどうでもいいですね。

でも叩いた時の衝撃の余韻が残る両手を見るにつけ
急激な空しさが込み上げて来たのは何故だろう?
深夜に何一人でハッスルしてるのかと・・・!
そしてそんな事を思い出しながらここに書き込んでいる内に
さらなる空しさが・・・試合に勝って勝負に負けたってヤツですか?
スレッガー中尉の気持ちって多分こんな感じだったんだろうなあ~(゚д゚)y-~
  1. 2005/06/25(土) 23:17:44|
  2. 時事雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
次のページ